バンクシー 複製画 パルプフィクション Pulp Fiction BYR
バンクシー 複製画 パルプフィクション Pulp Fiction BYR
バンクシー 複製画 パルプフィクション Pulp Fiction BYR
バンクシー 複製画 パルプフィクション Pulp Fiction BYR
バンクシー 複製画 パルプフィクション Pulp Fiction BYR
バンクシー 複製画 パルプフィクション Pulp Fiction BYR
バンクシー 複製画 パルプフィクション Pulp Fiction BYR
バンクシー 複製画 パルプフィクション Pulp Fiction BYR
バンクシー 複製画 パルプフィクション Pulp Fiction BYR
バンクシー 複製画 パルプフィクション Pulp Fiction BYR
バンクシー 複製画 パルプフィクション Pulp Fiction BYR
バンクシー 複製画 パルプフィクション Pulp Fiction BYR

バンクシー 複製画 パルプフィクション Pulp Fiction BYR

通常価格 ¥22,000
単価  あたり 
税込

バンクシー作品「パルプフィクション(Pulp Fiction)」

バンクシー リプロダクション作品 BYR(複製画)

「パルプ・フィクション」は2002年以降に制作されたバンクシー のグラフィティ作品。2007年までロンドンのOld Street駅の壁に存在していた。

クエンティン・タランティーノの作品「パルプ・フィクション」でサミュエル・L・ジャクソンとジョン・トラボルタが演じた殺し屋2人を描かれており、2人が所持していた銃はバナナに置き換えられている。

市民からも高い人気のあった作品だが、ロンドン交通局は「グラフィティの放置と社会的腐敗の一般的な雰囲気は犯罪を助長する」としてグラフィティを削除。

その後バンクシーは同じ場所に「パルプ・フィクション」を描いたが、今度は服装がバナナになり、バナナは銃に置き換えられていた。

【作品本体】
素材:紙,シルクスクリーン
作品本体サイズ:縦500*横700mm
作品本体重量:220g
エディション:600
*エディション番号は指定不可となります

【フレーム】
カラー:ステン,ゴールド,ブラック,ホワイト,ブラウンウッド,ブラックウッド,ホワイトウッド
額装サイズ:縦510*横718mm
額装外寸:縦514*横722mm
マット幅:50mm
フレーム幅:6mm
額装重量:約2600g
表面:アクリル(2mm厚)
素材:アルミ製
製造国:日本

納品形態:かぶせ箱、紐(ひも)
*壁掛け金具は付属しておりません

バンクシーのリプロダクション作品を製造する工房の中でも特に品質が良いとされるWCP(West Country Prince)社製、BYR(Behind Yard Rat)社製の作品を仕入れ、美術品鑑定の専門知識を持つスタッフが一枚一枚丁寧に作品の状態を確認。保存状態の良いリプロダクション作品のみを扱っております。

国内純正産のフレームを使用した額装販売も行なっておりますので、作品が届いてからすぐに飾っていただくことができます。

The Behind Yard Rat(BYR)とは、バンクシーファンの間で近年最も注目されている工房です。

活動期間はWCPと比べ短いものの、Pest Control (ペストコントロール)も黙認していることから、バンクシーの友人が関係しているのでは?と噂されています。その実態についてはバンクシーと同じく謎に包まれたままです。

リプロダクション作品は近年製造されたものが多く、WCPに比べ経年劣化が少ないことがBYR社製を購入するメリットと言えます。

The West Country Prince (WCP) とは、イギリスに拠点を持つ、バンクシーのリプロダクション作品の老舗工房です。

バンクシーの人気が高まると同時に世界中のファンがWCPのリプロダクションを買い求めるようになりました。

長年に渡りバンクシー公認の認証機関Pest Control(ペストコントロール)がWCPの活動を黙認していることから、こちらもバンクシーの友人が関わっているのでは?という噂が囁かれています。

世界的に有名なグラフィティアーティスト、バンクシー(Banksy)は、ロンドンを中心に活動する正体不明の覆面アーティスト。

本名や顔、年齢など、彼の実態を知る人がいない、謎に包まれた存在です。バンクシーは世界各地に現れては絵を描き上げ、誰にも気づかれず知らない間に立ち去ることから、「芸術テロリスト」とも呼ばれています。

バンクシーの作品の価値は年々上がり続けており、2019年のオークションでは《英国の地方議会》の作品が約13億1,000万円で落札されました。世界中から注目が集まるバンクシーは常に話題を欠くことなく、今後のアーティスト活動に大きな期待を寄せられています。